自動車学校の学科試験の事を知ろう

自動車学校で免許を取る際には、実技講習や学科試験などを経る事となります。
学科試験で落ちてしまう場合もあり、対策が重要となっています。
試験への基本的な取り組み方を確認して参考にして下さい。
学科試験は自動車学校での第一段階の最後に実施される「仮免許学科試験」と免許証の交付前に受ける「本免許学科試験」があります。
仮免の出題数は50問で本免では100問となっています。
正解率90%が目安となり幅広い内容が授業の中から出題されます。
「問題をきちんと読み返す」基本的な事として、よく読めば分かる問題を取りこぼさない事が大事です。
先程の通り90%の正答率が必要ですので、少しのミスが失敗につながってしまいます。
「ひっかけ問題に注意」問題の文章で断定的な表現を使用している物は、注意して読みましょう。
道路交通法では命令口調の法律がほとんどありません。
よって、文章に「必ず」「絶対に」などが用いられている物はひっかけの場合があります。
「標識や数字は暗記が大切」このあたりはうまく暗記して挑む事になります。
標識類はその色や形で覚えやすくするなどで分かりやすくなります。